七夕飾りにはどんな意味がある?可愛い七夕飾りに大注目

七夕飾りにはどんな意味がある?可愛い七夕飾りに大注目

織姫と彦星が1年に1度だけ会うことができる「七夕」
そんなロマンティックな行事である七夕に欠かせないのが七夕飾りです。
子供の頃に色紙で作った経験がある人も多いのではないでしょうか。

その七夕飾りには、ひとつずつ意味があることをご存じですか?
今回は、七夕飾りに込められた願いや意味を解説していきます。

紙衣(かみこ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

おりがみの時間(@origaminojikan)がシェアした投稿

紙で作った和服の飾りです。
機織りの女神でもある織姫にあやかり、機織りの上達を、ひいては衣服に困らない様にと願って飾られます。
紙の人型は災厄を身代わりとなってくれる存在でもあり、子供の健康を願って飾る場合もあります。

吹き流し

 

この投稿をInstagramで見る

 

おりがみの時間(@origaminojikan)がシェアした投稿

織姫の使う手織り糸がモチーフとなっており、「裁縫が上手になりますように」という願いが込められています。
また黒(紫)・白・青(緑)・赤・黄の5色で作る吹き流しは魔除けの意味も持ちます。

投網飾り(天の川)

 

この投稿をInstagramで見る

 

おりがみの時間(@origaminojikan)がシェアした投稿

天の川として親しまれている地域もありますが、この七夕飾りは漁に使う網を表現しています。
豊作大漁を願って作られた飾りですが、現在ではそれが転じて「食べ物に困らない様に」という意味になりました。

幸福を手繰り寄せる、と言う意味もあります。

提灯(ちょうちん)

 

この投稿をInstagramで見る

 

おりがみの時間(@origaminojikan)がシェアした投稿

暗い夜道を照らしてくれる提灯は、そのまま心や未来を照らしてくれるように、という意味があります。
また願い事を書いた短冊を明るく照らしてくれるようにという願いも込められています。

巾着

古来ではお財布として使われていた巾着袋は、金運上昇を願って飾られます。
同時にしっかりと財布の口を締めることで、無駄遣いせずに節約して過ごせるようにという意味もあります。
なかには本物のお財布を飾る地域もあります。

くずかご

 

この投稿をInstagramで見る

 

おりがみの時間(@origaminojikan)がシェアした投稿

くずかごとは、ゴミ箱のことを指します。
他の飾りを作った破片をなかに入れて笹に吊るし、「ものを粗末にしないように」「整理整頓をするように」という気持ちが込められています。

短冊

 

この投稿をInstagramで見る

 

⭐ ウィンディ ⭐(@windy_x89)がシェアした投稿

黒(紫)・白・青(緑)・赤・黄の5色の短冊には、叶えたい願いを書いて笹に吊るします。
もともとは裁縫や芸事に関するお願い事をする行事でしたが、現在ではどのような願い事でもいいことになっています。

短冊の色にはそれぞれ意味があり、その意味に対応する願いごとを書くことで願いが叶いやすくなると言われています。

黒(紫)

黒や紫の短冊には、学業向上についての願い事を書きます。
「試験に合格できますように」「頭が良くなりますように」などの願い事を書きましょう。

義務やルールを守るための願い事は白い短冊に書きます。
例えば、「寝坊しなくなりますように」「当番の仕事をしっかりやる」などの願いです。

青(緑)

人間力を高めるための願い事は青や緑の短冊に書きます。
「目標を達成できますように」「欠点が治りますように」と自分の短所を減らしたり、長所を伸ばす願い事を書きます。

赤い短冊には親や先祖に感謝するための願い事を書きます。
「おじいちゃんが長生きしますように」「家族みんなで幸せに過ごせますように」など書けると良いですね。

人間関係に関する願い事は黄色の短冊に書きます。
「友達が100人できますように」「親友と仲直りできますように」などの願い事です。

七夕飾りは「家族の幸せを祈って飾る」もの

七夕飾りは地域によって違いがあり、ほかにも長寿を願って折り鶴を飾ったり、豊作を願って野菜の折り紙を飾る場所もあります。
共通点は、そのどれもが「家族の幸せや健やかな成長を願っている」ということ。

短冊に自分の願い事を書くのも大切ですが、今年の七夕は、飾りに込められて願いを感じながら、過ごしてみてはいかがでしょうか。

Posted by S&S