油断大敵!夏祭りデートで注意するべき2つのポイント

油断大敵!夏祭りデートで注意するべき2つのポイント

夏祭りデートは事前準備が成功の鍵です。
当日は慣れない人混みや浴衣で疲れやすいため、十分に準備をしましょう。

この記事では、夏祭りデートで注意するべきポイントを2つご紹介します。
大切なデートで失敗してしまわない様に、しっかりとチェックしてください。

ポイント1.会場周辺の地図を確認しておく

はじめて行く会場の場合は、必ず会場の地図や最寄り駅からのルートを確認しましょう。

特に、お手洗いの場所は要チェックです。
浴衣でお手洗いに行くのはとても大変です。また夏祭り中ということもあり混雑が予想されます。
そのため普段より時間に余裕をもってお手洗いに行けるように場所を確認しておきましょう。

また、待ち合わせ場所や会場近くの目印をチェックしておけば、万が一迷子になってしまった時もスムーズに合流できます。

夏祭りデートで持って行くべきアイテム

前日までにはチェックしておくのは、会場周辺の地図だけではありません。
持ち物もしっかり用意しておきましょう。
夏祭りデートで「あると便利な持ち物」は以下の通りです。

・ウェットティッシュ
・絆創膏
・ビニール袋
・鏡

夏祭りデートでは、いつもと違う草履を履いて、いつもと違う食べものを食べますよね。
また人気のデートスポットの様に、会場にアメニティが充実しているわけでもありません。
現地で女子力を維持するためには、入念な準備が必要です。

ポイント2.行きたい屋台を考えておく

夏祭りと言えども、デートです。
自分が好きな屋台ばかり楽しんでいては、彼に幻滅されてしまうかもしれません。
ここでは、デートに向かないNG屋台と、男性ウケの良いおすすめ屋台をご紹介します。

NG屋台:焼きとうもろこし

焦がし醤油の香りが食欲をそそる焼きとうもろこし。
夏まつりでは人気の屋台の一つです。
しかし、デートで食べるには要注意。

とうもろこしの食べかすが歯についたり、挟まったりして「ガッカリ」されてしまう可能性が大!
綺麗に食べる自信がない場合は選ばないほうが良い食べ物です。
同様の理由で、青のりが歯につきやすいたこ焼きや焼きそばも避けた方がベターです。

NG屋台:りんご飴

りんご飴もデートでは避けたい食べ物です。
一見、SNS映えが狙えるかわいい食べ物ですが、かじりつくタイプのりんご飴は口の周りがべたべたしがち。
メイクも落ちてしまうため、おすすめできません。

おすすめ屋台:チョコバナナ

見た目もかわいらしく、また食べやすいチョコバナナは特におすすめ。
歩きながらでも食べやすく、「座る場所がない」「こぼしてしまった」などのトラブルとも無縁です。

おすすめ屋台:金魚すくい

食べ物ではありませんが、デートで思い出作りをするのにぴったりの屋台です。
たもとを押さえて金魚すくいに集中する横顔に、彼も見惚れてしまうことでしょう。

ただし、金魚は連れて帰らないようにしましょう。
夏祭りの後、改めてお店に入ったり、混雑した電車で帰るのには、金魚は少々邪魔なものです。

Posted by S&S