笹の葉サラサラ。なぜ七夕に笹なのか?七夕に飾る笹の由来や魅力は?

笹の葉サラサラ。なぜ七夕に笹なのか?七夕に飾る笹の由来や魅力は?

7月7日は七夕(しちせき)の節句です。
一般的には七夕(たなばた)と呼ばれており、織姫と彦星が年に1回会うことができる日として知られ、ロマンチックな節句ですよね。
七夕が近づくと、あちらこちらで短冊に願い事を書いて笹の葉につるす光景が見られます。
色とりどりの短冊に書かれた他人の願い事を見るのも面白いですよね?

そこで今回は、七夕の願い事をつるすために使われる笹に注目してみたいと思います。
なぜ七夕に笹なのかや、笹の効果効能まで、笹の秘密を全部ご紹介しますよ!

どうして七夕に笹を使うの?

笹は竹と混同しがちですが、実は別の植物です。
同じイネ科ですが竹は大きく育ち、外国にもあります。
笹は竹ほど大きく育たず、日本にしか生息していません。

どうして七夕の日が近づくと笹の葉に短冊をつけて飾るのでしょうか?
そもそも笹は、昔から神聖なものとされてきました。
風になびくとサラサラと鳴る音に神様が宿ると考えられ、神事などに用いられてきました。
商売繁盛のえべっさんでも「笹持ってこい」がおなじみですよね。
また、万葉集にも笹を詠んだ句が数多くあり、身近な存在でもあったのです。

さらに笹は雨や風、寒さなどに負けず力強く天に向かってまっすぐ伸びる事から神秘的だと認識され、七夕に笹が使われるようになったようです。
また、葉の殺菌力が魔除け、厄除けになるとも言われています。

七夕以外に笹はどう活用されているの?

笹は意外と私たちの身近にあります。
例えば笹だんごや富山の名物である鱒寿司などの食品に使われます。
笹が持つ殺菌作用や抗菌作用、防腐作用を活かしています。
また、笹の良い香りが食材に移るので独特な風味が生まれます。

また、健康茶としても親しまれています。
代表的なのはクマ笹茶で、血液サラサラ効果、口臭予防効果、抗がん効果が期待できます。
クマ笹には葉緑素やビタミンB群、ビタミンC,ビタミンKなどが含まれており、自律神経を整えたり口内環境や腸内環境を整える効果もあります。
健康茶と聞くと苦そうとか不味そうなイメージがあるかもしれませんが、クマ笹茶はほんのりと甘い味がして癖がなく、飲みやすいです。

まとめ

笹は七夕のシーズンくらいしか意識して目にする機会がないかもしれませんが、実は身近な植物です。
しかも神聖で生命力がある神秘的な存在です。
そんな笹に願いを込めた短冊を飾り付けて、1年に1回のロマンチックなイベントを堪能しましょう。
さらにクマ笹茶の健康パワーももらって、1年を健やかに過ごせたらいいですよね!

Posted by S&S