日本で一番外国人が訪れる水族館「沖縄美ら海水族館」に行ってきました

日本の水族館の中で、訪日外国人が今、一番多く訪れる「沖縄美ら海水族館」について、その魅力について実際にいって感じたリアルな感想です。
夏本番の日本で、一番夏を感じる「沖縄」へ行ってきました。
沖縄といえば、海。
日本の水族館で今、一番外国人観光客が訪れていると言われている「沖縄美ら海水族館」へ行ってきました。水族館の公式ホームページはこちら↓
https://churaumi.okinawa

噂には聞いていましたが、本当に外国人観光客が多かったです。
那覇空港(沖縄)からは、かなり距離があり、車では高速道路を使って2時間、高速バスなら3時間もかかる場所。それでも行って良かったと思える場所でした。

見所はやっぱり巨大水槽!

美ら海水族館で一番人気スポットといえば、「ジンベエザメ」や「マンタ」が泳ぐ巨大水槽です
ちなみに、この巨大水槽のガラスの厚みは60cmもあるそうです。
この巨大水槽に、世界最大のサメ「ジンベエザメ」が2匹も泳いでいます。
「ジンベエザメ」がいるだけでも珍しいのに、2匹も一緒に見られる水族館は、ここだけ。
2匹のジンベエザメがすれ違う姿は圧巻の眺めです。
そして、その水槽には、同じく世界最大のエイ「ナンヨウマンタ」もこの巨大水槽にはいます。
世界最大級の共演が見られるのは、ここだけ!だそうです
もちろん、水族館の中は、巨大水槽だけでなく、イルカショーや、サメの展示、今話題の「チンアナゴ」の展示も大人気でした。

水族館内を回っている時にも、スタッフさんたちや館内表示にも「おもてなし」の心を感じるのですが、ぜひ、行く前にはホームページをチェックしてから行くといいですよ。

ホームページは、とてもわかりやすいです
日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語対応されています。
来館前に知ると得する情報や、来館中に見るとよい情報など、なかなかユーザーに寄り添った情報が書いてあります。
https://churaumi.okinawa/recommend/plan/

また、公式アプリ「美ら海アプリ」があります。こちらも
多言語(日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語)対応。無料でダウンロードできます。(iOS版・Android版)
アプリの「案内モード」機能で、それぞれの水槽の前で自動案内を表示することができます。
水槽紹介を聞くことのできる音声ガイド機能があり、水槽の前でその展示の解説が聞くこともできます。
https://churaumi.okinawa/topics/1533693193/

残念ながら、今回私はいけなかったのですが、美ら海水族館の巨大水槽を眺めながら食事が取れるレストラン「オーシャンブルー」があります
席の予約はできないので、どうしてもいきたい場合は時間に余裕をみて行くことをオススメします。

今回は、「美ら海水族館」をお伝えしてきましたが
次にいきたい水族館は、クラゲ水族館として有名な「鶴岡市立 加茂水族館」(山形県鶴岡市)です。
世界一のクラゲ水族館と言われるこの場所で、クラゲのゆらゆら泳ぐ姿に癒されたいと思っています。
日本には、たくさんの面白い水族館があります。ぜひ、行ってみてくださいね。

Posted by S&S