夏祭りの人気者!金魚すくいの金魚のルーツって?

夏祭りの人気者!金魚すくいの金魚のルーツって?

夏休みには、各地で夏祭りが開かれます。私も毎年息子を連れて、近所にある神社で催される夏祭りに出かけるのですが、そこで息子が必ずやりたがるのが金魚すくいです。

四角い大きな入れ物や、ときには子ども用のビニールプールの中で泳いでいるたくさんの金魚のなかから、狙った金魚を「ポイ」と呼ばれる紙が貼られた道具ですくって遊びます。

そんな夏祭りの人気者、金魚すくいの金魚は、どこからやってきたのでしょうか?

金魚のルーツは中国

金魚は日本に昔からいる魚と思っている方も多いようですが、実は金魚は中国から輸入された生き物です。金魚はもともと赤かったわけではなく、1700年以上前に、中国にいた野生のフナが突然変異して赤くなった個体を、観賞用として繁殖させたものです。

宋の時代には養殖が盛んに行われるようになり、当時の皇帝が金魚の新種を作り出すことに熱中していたという逸話もあるほど、観賞魚として長い歴史があります。

日本に金魚がやってきたのは1500年頃

そんな金魚が日本にやってきたのは、室町時代のこと。当時の明から伝来したといわれています。ただその頃は飼育技術や養殖技術は伝わってこなかったため、長崎などで大名が細々と観賞用に育てていただけでした。

それが江戸時代に入ると、富裕層の間で金魚を飼うことが流行し、やがて江戸時代後期になると、庶民の間でも急激に金魚ブームがおこります。当時は下級武士が金魚養殖を内職としていて、繁殖された金魚を買い取った金魚売りが、タライに入れて売り歩いていました。

やがて明治時代になると、さらに多くの種類の金魚が中国から輸入されるようになり、金魚はますます多くの日本人に飼育されるようになったのです。

増え続ける金魚の種類

金魚には多くの種類がありますが、もともとフナが原種の細長く赤い魚、今でいう「和金」がルーツといわれています。和金を交配させたもの、あるいは突然変異したものを増やしていくことによって、今では100種類以上に増えているそうです。

体が短くふっくらと丸みを帯びていて、尻尾がひらひらと大きく発達した「琉金型」は、性格が穏やかで人慣れしやすいと人気です。また「琉金型」の突然変異で両目が飛び出た「出目金型」は、生まれたときは目が出ていないのに、3カ月ほどするとだんだん目が飛び出てきます。

ほかにも頭にコブがあるような「和欄型」や、ピンポン玉のようにまん丸な「ピンポンパール型」などの金魚も人気です。

まとめ

金魚すくいですくった金魚は短命といわれていますが、ちゃんと環境を整えたうえでお世話をすれば、何年も生きるそうですよ。今年も夏祭りを楽しめるようなら、息子と一緒に金魚をすくって、金魚飼育に挑戦したいと思います。

Posted by S&S