七夕は地方によって風習が色々!代表的なものをご紹介します!

七夕は地方によって風習が色々!代表的なものをご紹介します!
七夕といわれて、パッと思い浮かぶのは笹飾りですよね。
色とりどりの短冊に願い事を書いて、七夕飾りと一緒に笹の葉に吊るして星に祈りを捧げる習慣は、日本各地で見られます。
では、ひと言で七夕といっても、地方によってちょっとずつ違った風習や、盛況なお祭りがあることを知っていましたか?
そこで今回は、日本全国にある七夕関係の風習から、ちょっと変わったものをいくつかご紹介しますね。

北海道 ロウソクもらい

北海道の七夕には、ロウソクもらいといって欧米のハロウィンとよく似た風習があります。
新暦の7月7日か旧暦の8月7日の夕暮れ時に、浴衣を着た子供たちが提灯を手に持って近所の家々を巡り、ロウソクやお菓子をもらい歩く風習です。
提灯を持っているところが、どこかジャック・オ・ランタンを連想させますね。
ちなみに、ハロウィンでは「トリック・オア・トリート」ですが、ローソクもらいの場合は「ロウソク出せよ~」や「ロウソクく~れ~く~れ~よ~」と歌ってお菓子をねだります。
うっかり言葉通りにロウソクを上げてしまうと、子どもたちががっかりしてしまうので、七夕の時期に北海道で過ごす場合は、こっそりお菓子を持ち歩いておくと良いかもしれませんね。

・関東地方 七夕馬

主に関東地方の農家に伝わる風習です。
8月7日が近くなると、真菰(マコモ)といったイネ科の植物で七夕馬を作ります。
七夕馬という名前ですが、馬だけでなく牛を象っていることもあり、オスとメスを作って飾ることで豊作を願い、さらに先祖を迎えに行くのだとか。
お盆が近いこともあって、七夕の風習とお盆の風習が混ざり合っているようですね。
七夕馬の形や飾り方、行事の内容自体も地域によって細かく違います。
代表的なものとしては7日の早朝に子供が七夕馬を引いて水辺や野原に行って草刈りをし、刈り取った草は七夕馬に引かせて帰るといったものです。

長野県松本市 七夕人形

昔から長野県の松本市に伝わっている風習です。
各家庭の軒下に、織姫と彦星を象った人形を吊るして厄払いをします。
風通しの良い場所に吊るすことで、風の力で厄を吹き飛ばしてもらうのだとか。
人形の種類は大きく分けて4つ、「人がた形式」「着物かけ形式」「紙びな形式」「流しびな形式」です。
着物かけ形式の七夕人形には、子どもの浴衣を着せて子どもの健康を祈るとともに、虫干しの意味合いもあるそうですよ。
名前からも連想されるように、ひな祭りのおひな様と同じような役割を果たしているようですね。

おわりに

今回ご紹介したのは、比較的有名な風習ばかりでしたが、七夕にまつわる風習はさらに細分化されて色々あるようですよ。
また、風習だけではなく、七夕にまつわるお祭りも日本各地の地域色豊かに開催されています。
7月7日や8月7日のあたりでお出かけする時は、七夕の風習やお祭りを覗いてみてはいかがでしょうか。

Posted by S&S